米国映画歴代ランキング|名作からヒット作まで一挙紹介

映画・音楽・エンタメ

はじめに:米国映画歴代ランキング 魅力ある映画たち

映画は世界中で愛されるエンターテイメントの一つであり、特に米国映画はその人気が際立っています。数多くの名作やヒット作が生まれ、映画ファンを魅了してきました。本記事では、米国映画の歴代ランキングを紹介し、その魅力に迫ります。

米国映画歴代ランキングには、いくつかの基準や選考方法がありますが、代表的なものとしては、興行収入ランキングと、評価ランキングがあります。以下で詳しく解説します。

米国映画 興行収入ランキング

米国で公開された映画の興行収入(チケット売上)をもとに順位付けしたランキングです。再上映やインフレーションの影響を受けやすいですが、最も一般的に参照されるランキングです。2023年2月12日現在、興行収入ランキングのトップ10は以下の通りです。

順位 タイトル 興行収入 公開年
1 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 $936,662,225 2015
2 アベンジャーズ/エンドゲーム $858,373,000 2019
3 スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム $814,115,070 2021
4 アバター $785,221,649 2009
5 トップガン マーヴェリック $718,732,821 2022
6 ブラックパンサー $700,426,566 2018
7 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー $678,815,482 2018
8 タイタニック $666,078,628 1997
9 ジュラシック・ワールド $653,406,625 2015
10 アバター:ウェイ・オブ・ウォーター $647,253,626 2022

ウィキペディアより

米国映画 評価ランキング

米国の映画関係者や批評家などが選出した映画の評価をもとに順位付けしたランキングです。主観的な要素が強いですが、映画の芸術性や影響力などを反映するランキングです。

代表的な評価ランキングとしては、AFI(アメリカ映画協会)が1998年に発表した「アメリカ映画ベスト100」があります。このランキングでは、以下の基準で選考されました。

・アメリカ合衆国で製作された長編劇場用映画であること
・英語で製作された映画であること
・公開から少なくとも10年経過していること
・アメリカ社会に対する文化的・歴史的・芸術的影響力があること
・評判や人気が高く、批評家や観客から高く評価されていること

このランキングは、2007年に10周年エディションとして更新されています。10周年エディションでは、以下の変更点がありました。

・選考対象の映画は、1996年までに公開されたものに限定
・選考委員は、1500人から1800人に増加
・選考基準は、以下のように細分化
    • 映画の物語
    • 映画のキャラクター
    • 映画のスター
    • 映画の監督
    • 映画の音楽
    • 映画の文化的影響力
    • 映画の歴史的意義
    • 映画の批評的評価

「アメリカ映画ベスト100」のトップ10は以下の通りです。

1 市民ケーン Citizen Kane 1941
2 ゴッドファーザー The Godfather 1972
3 カサブランカ Casablanca 1942
4 レイジング・ブル Raging Bull 1980
5 雨に唄えば Singin’ in the Rain 1952
6 風と共に去りぬ Gone with the Wind 1939
7 アラビアのロレンス Lawrence of Arabia 1962
8 シンドラーのリスト Schindler’s List 1993
9 めまい Vertigo 1958
10 オズの魔法使 The Wizard of Oz 1939

ウィキペディアより

名作揃い!米国映画歴代興行収入ランキングTOP10の魅力

10位:アバター:ウェイ・オブ・ウォーターの魅力

アバター:ウェイ・オブ・ウォーターは、ジェームズ・キャメロン監督が13年ぶりに手掛けた『アバター』の続編で、パンドラの海洋世界を舞台に、ジェイクとネイティリの家族と人類の再びの対立を描いたSFアクション映画です。この映画の魅力は、以下のような点が挙げられます。

画像引用:アバター公式サイト

革新的な映像技術:
前作で世界に衝撃を与えた映像技術は、さらに進化しています。水中や空中のシーンは、流体シミュレーションやレンダリングが大幅に強化され、キャラクターや背景の水や炎の挙動まで緻密に描写されています。

また、モーションキャプチャーやパフォーマンスキャプチャーも向上しており、俳優の表情や感情がよりリアルに再現されています。さらに、3Dや4DXなどの上映形式も充実しており、観客はまるでパンドラにいるかのような没入感を味わえます。

感動的なストーリー:
前作から10年以上が経過したパンドラでは、ジェイクとネイティリは子供たちと幸せに暮らしていますが、再び人類がパンドラに来訪し、ナヴィの生活を破壊しようとします。ジェイクは再び人類と戦うことになりますが、その過程で家族や仲間との絆やパンドラの自然との調和を深めていきます。

また、新たな登場人物や部族も登場し、パンドラの多様性や複雑さを描き出します。この映画は、愛と勇気と冒険と希望という普遍的なテーマを通して、観客に感動と驚きを与えます。

豊かな世界観:
前作で描かれたパンドラの森林世界に加えて、本作ではパンドラの海洋世界も紹介されます。海洋世界には、前作に登場した動物や植物とは異なる多種多様な生命体が存在し、その美しさや神秘性に魅了されます。

また、海洋民族であるメトカイナ族やトゥルクンという超巨大な海生生物といった新たなナヴィも登場し、パンドラの文化や歴史や哲学も深く掘り下げられます。この映画は、ジェームズ・キャメロン監督が創造した壮大で魅力的な世界観を展開していきます。

9位:ジュラシック・ワールドの魅力

画像引用:ジュラシック・ワールド公式サイト

恐竜のリアルな描写:
映画の中で登場する恐竜は、CG技術を駆使してリアルに描かれています。そのため、恐竜たちの迫力ある姿や動きが、観客を引き込む魅力の一つとなっています。

パニックシーンのスリル:
映画には、恐竜たちが暴れ回るパニックシーンが多数登場します。そのため、観客は恐怖やスリルを感じながら、映画に没入することができます。

ストーリーの展開:
映画には、恐竜たちが暴れるだけでなく、人間たちが恐竜たちと戦う様子が描かれています。そのため、ストーリーの展開にも注目が集まります。

映像美:
映画の中には、恐竜たちが登場する美しいシーンが多数あります。そのため、映画の映像美にも注目が集まります。シリーズのファンにとっては、新たなストーリーや恐竜たちの姿を見ることができるため、魅力的な作品となっています。

8位:タイタニックの魅力

『タイタニック』は、1997年に公開されたラブストーリー映画です。

画像引用:20世紀スタジオ公式サイト

ストーリー性:
映画は、主人公のジャックとローズの恋愛を描いたストーリーであり、その美しいラブストーリーが、多くの観客を魅了しています。

歴史的背景:
実際に起きた歴史的海難事故を描いた作品であり、その背景にある歴史的な事件が、映画の魅力の一つとなっています。

印象的なシーン:
映画には、印象的なシーンが多数登場します。例えば、主人公のジャックとローズが船の前部に立ち、手を広げるシーンや、船が沈んでいくシーンなどが、観客に強い印象を与えています。

音楽:
映画の音楽は、ジェームズ・ホーナーが作曲したものであり、美しいメロディーが、映画の雰囲気を盛り上げています。

受賞歴:
映画は、アカデミー賞をはじめとする多数の賞を受賞しており、その評価の高さが、映画の魅力の一つとなっています。

7位:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー の魅力

画像引用:マーベル公式サイト

MCUのユニバース:
映画は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の一作品であり、多数のヒーローたちが登場します。そのため、MCUファンにとっては、ヒーローたちの共演が魅力的な作品となっています

世界観と映像美:
映画は、多数の惑星や宇宙船が登場するSF作品であり、その世界観や映像美が魅力の一つとなっています

サノスの存在:
映画の敵役であるサノスは、マーベル・コミックスのキャラクターであり、その強さや存在感が、映画の魅力の一つとなっています

ストーリーの展開:
映画には、多数のヒーローたちが登場するため、ストーリーの展開が複雑であり、観客を引き込む魅力があります。また、映画のラストシーンは、多くの観客に衝撃を与えたため、そのインパクトも魅力の一つとなっています

アクションシーン:
映画には、多数のアクションシーンが登場します。例えば、ヒーローたちがサノスと戦うシーンや、ヒーローたち同士が共闘するシーンなどが、観客を引き込む魅力の一つとなっています

6位:ブラックパンサー の魅力

『ブラックパンサー』は、2018年に公開されたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の一作品です。

画像引用:マーベル公式サイト

黒人ヒーロー:
映画は、黒人を主人公にしたスーパーヒーロー映画であり、黒人俳優がキャストの大半を占めています。そのため、黒人のヒーローが描かれた新しいタイプのスーパーヒーロー映画として注目を集めています

アフリカの描写:
映画は、アフリカの架空の国「ワカンダ」を舞台にしており、アフリカの文化や風景が描かれています。そのため、アフリカの描写が美しく、観客を引き込む魅力の一つとなっています

ストーリーの展開:
映画には、ワカンダを巡る様々な陰謀や、ヒーローたちの戦いが描かれています。そのため、ストーリーの展開が複雑であり、観客を引き込む魅力があります

キャストと制作スタッフ:
映画のキャストや制作スタッフの大半が黒人であり、アフリカ系のプロフェッショナルが集結していたことが注目されています。そのため、映画が黒人文化やアフリカ文化を尊重しているという評価があります

受賞歴: 映画は、アカデミー賞をはじめとする多数の賞を受賞しており、その評価の高さが、映画の魅力の一つとなっています

5位:トップガン マーヴェリック の魅力

画像引用:映画.com

『トップガン』の再現:
映画は、1986年に公開された映画『トップガン』の続編であり、『トップガン』の魅力が存分に再現されていると評価されています

スカイアクション:
映画には、戦闘機パイロットたちが繰り広げるスカイアクションが多数登場します。そのため、迫力あるアクションシーンが魅力の一つとなっています

人間ドラマ:
映画には、主人公マーヴェリックの人間ドラマが描かれています。そのため、ストーリーに感情移入しやすく、観客を引き込む魅力があります

キャスト:
映画には、トム・クルーズをはじめとする豪華なキャストが出演しています。そのため、キャストの演技力や存在感が魅力の一つとなっています

音楽:
映画の音楽は、ハロルド・フォルターマイヤーが手掛けており、『トップガン』のテーマ曲「Take My Breath Away」など、懐かしい曲が多数使用されています。そのため、音楽が映画の魅力の一つとなっています。

4位:アバター の魅力

『アバター』は、2009年に公開されたSF映画です。


アバター

3D映像:
映画は、3D映像を駆使して制作されており、迫力ある映像が魅力の一つとなっています

世界観:
映画には、架空の惑星「パンドラ」が登場します。そのため、パンドラの美しい自然や、独自の文化が描かれており、世界観が魅力の一つとなっています

ストーリー:
映画には、主人公ジェイクがパンドラの原住民「ナヴィ」と交流し、彼らと共に戦うストーリーが描かれています。そのため、ストーリーに感情移入しやすく、観客を引き込む魅力があります

キャスト:
映画には、サム・ワーシントンやゾーイ・サルダナなどの豪華なキャストが出演しています。そのため、キャストの演技力や存在感が魅力の一つとなっています

受賞歴: 映画は、アカデミー賞をはじめとする多数の賞を受賞しており、その評価の高さが、映画の魅力の一つとなっています

3位:スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム の魅力

画像引用:ソニー・ピクチャーズ公式サイト

スパイダーマンの新たな魅力:
映画は、スパイダーマンの新たな魅力を発見させてくれる作品であり、スパイダーマンの魅力が存分に描かれています

ストーリーの展開:
映画には、スパイダーマンが様々な困難に立ち向かうストーリーが描かれています。そのため、ストーリーの展開に注目が集まります

キャスト:
映画には、トム・ホランドをはじめとする豪華なキャストが出演しています。そのため、キャストの演技力や存在感が魅力の一つとなっています

アクションシーン:
映画には、スパイダーマンが繰り広げるアクションシーンが多数登場します。そのため、迫力あるアクションシーンが魅力の一つとなっています

恋愛要素:
映画には、スパイダーマンの恋愛要素が描かれています。そのため、ストーリーに感情移入しやすく、観客を引き込む魅力があります

MCUとの関連性:
映画は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の一作品であり、MCUファンにとっては、MCUとの関連性が魅力的な作品となっています

2位:アベンジャーズ/エンドゲーム の魅力

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、2019年に公開されたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の作品です。

画像引用:マーベル公式サイト

ストーリー:
映画は、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編であり、アベンジャーズたちがサノスとの最終決戦に挑むストーリーが描かれています。そのため、ストーリーの展開に注目が集まります

キャスト:
映画には、ロバート・ダウニー・Jrやクリス・エヴァンスなどの豪華なキャストが出演しています。そのため、キャストの演技力や存在感が魅力の一つとなっています

MCUとの関連性:
映画は、MCUの一作品であり、MCUファンにとっては、MCUとの関連性が魅力的な作品となっています

感動的なシーン:
映画には、感動的なシーンが多数登場します。例えば、トニー・スタークの最期のシーンや、キャプテン・アメリカのエンディングなどが、観客に強い印象を与えています

アクションシーン:
映画には、多数のアクションシーンが登場します。例えば、アベンジャーズたちがサノスと戦うシーンや、タイムトラベルをするシーンなどが、観客を引き込む魅力の一つとなっています

MCUのフェーズ3の完結:
映画は、MCUのフェーズ3の完結を飾る作品であり、MCUファンにとっては、フェーズ3の完結を見届けることができるため、魅力的な作品となっています。

 

最高傑作!米国映画歴代ランキング1位の秘密に迫る

1位:スター・ウォーズ/フォースの覚醒 の魅力

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、2015年に公開されたSF映画であり、シリーズの第7作目として注目を集めました。本作は、シリーズのファンにとって待望の復活作となり、新たなキャラクターやストーリーが描かれたことで、魅力的な作品として評価されました。

画像引用:スター・ウォーズ公式サイト

なぜこの作品が歴代ランキング1位なのか?

シリーズの復活
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、シリーズの伝統を受け継ぎながらも新しい展開を追求した作品です。シリーズファンにとっては、長い年月を経ての待望の復活となり、その熱望が作品の魅力を一層引き立てました。

新たなストーリーとキャラクター
本作では、新たなキャラクターたちが登場し、新しいストーリーが繰り広げられます。主人公たちの成長や戦い、謎めいた過去の探求など、新たな展開が楽しめる点が作品の魅力です。シリーズファンにとっては、新たな冒険の舞台に引き込まれることでしょう。

豪華なキャスト
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』には、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザックなどの新たな顔ぶれが出演しています。また、旧シリーズのキャストも多数登場し、ファンにとっては懐かしさと新しさが交差する瞬間となりました。キャストの存在感が作品に深みを与え、魅力を高めています。

ジョン・ウィリアムズの音楽
映画の音楽は、ジョン・ウィリアムズが手掛けており、『スター・ウォーズ』シリーズのテーマ曲などが多数使用されています。その壮大な楽曲が映像と相まって、観客を引き込む力を持っています。音楽が作品の魅力を一層際立たせています。

ファンにとって待望の作品

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、シリーズのファンにとって待望の作品です。新たなストーリーやキャラクター、豪華なキャスト、壮大な音楽など、魅力的な要素が詰まっています。

まだ観ていない方は、ぜひ一度『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を体験してみてください。SFの魅力とエンターテイメント性が絶妙に融合した作品であり、観客を引き込む力があります。

シリーズのファンであれば、新たな展開に胸が躍ることでしょう。そして、まだスター・ウォーズの世界に触れたことのない方にとっては、魅力的な作品への第一歩となるはずです。

 

まとめ:米国映画歴代ランキングの魅力を振り返る

本記事では、米国映画の歴代ランキングから名作、大ヒット作を中心にピックアップし、その魅力と感想を深堀りしました。

各作品が世代や文化を超えて愛され続ける理由は、その中に描かれている普遍的なテーマや、感情を揺さぶるストーリー展開、そして何よりも緻密なキャラクター作りとその演技にあると言えるでしょう

ランキングの中には、数々の賞を獲得した作品や、時代を反映した社会的な問題を描いた作品、それぞれ異なるジャンルの作品が混在しています。これらの作品は、エンターテイメントの世界だけでなく、映画が持つ社会的な役割や芸術としての価値をも見事に表現しています。

また、ランキングの順位は一部の映画の価値を評価するものである一方、その背後には各作品が視覚芸術として持つ独自の価値や表現力があることにも注目したいところです

映画一つ一つが持つ独特の世界観やメッセージは、観客それぞれにとって異なる魅力となり、深く共感や共鳴を呼び起こしています。

このランキングを通じて、名作の数々を再確認し、新たな視点から楽しむ機会になったら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました